プロフィール

基礎科学から人文科学へ

子供の頃は、学問的な本を沢山読みました。19歳のとき、ロンドンで、写真撮影に興味を覚えはじめました。その時点から、小学校で働きながら、向上するように頑張りました。

人道的な奉仕活動

2002年と2003年には、写真家として「Aie des Rêves」(夢を持って)という団体のそばにセネガルのゲレオ市に行きました。この団体は文化交流を強化することと開発援助を提供することを目指します。その後、パリ20区やソルボンヌで写真展覧会を開きました。

報道写真に興味深い

2005年にインドのダラムシャーラーでチベット亡命政府についてのルポルタージュをしました。2009年には東京のホーメレスを撮影する目的で日本に旅立ちました。翌年、日本へ戻って滋賀県の若い農民を描写しました。

知識を深める

はじめて日本に行ってから、大学で日本語の勉強を始めました。2012年は日本語学科の修士課程を卒業して、国際関係を専攻しました。